https://www.facebook.com/kodomonomiraisha
 

新刊 > ナトセンおすすめ おもしろ学校映画館
その他 > ナトセンおすすめ おもしろ学校映画館

[前の商品] [次の商品] >

ナトセンおすすめ おもしろ学校映画館

映画は人生の教科書だ!

ナトセンおすすめ おもしろ学校映画館

内容:子ども、教師、学校を中心に、環境問題や様々な文化・社会問題、アニメなどにわけて選りすぐりの100本を紹介。原爆の子、転校生、嫌われ松子の一生、ブータン山の教室、夢みる小学校、MINAMATA、小さいおうちなど。

本体価格:1,800円+税/224頁/A5判/並製

著者名:名取弘文 編

目次:
1子どもは見つめる 時代と世界の明と暗 風の中の子供/緑色の髪の少年/原爆の子/少年/父パードレ・パドローネ/ブリキの太鼓/典子は、今/転校生/友だちのうちはどこ? /アンジェラの灰/神の子たち/ジョゼと虎と魚たち/幸せの絆など26本。 2さまざまな教師像 翔んでる先生 嘆きの天使/一人息子/信子/父ありき/カルメン故郷に帰る/日本の悲劇/ともしび/人間の壁/秋刀魚の味など17本。 3行きたくなる! こんな学校があった! 山びこ学校/女の園/教室の子供たち/いまを生きる/学校/パッチギ!など12本。 4多様な文化・環境・それぞれの生き方 バオバブの記憶/プラスチックの海/人間の汚した土地だろう、どこへ行けというのか/二重のまち/交代地のうたを編む/くじらびと/ふたりの桃源郷/カナルタ 螺旋状の夢/モロッコ、彼女たちの朝/東京クルドなど19本。 5時代は語る 戦争・社会問題 僕の大事なコレクション/ル・アーヴルの靴みがき/希望の国/小さいおうち/スズさん〜昭和の家事と家族の物語/サンマデモクラシー/無音の叫び声など14本。 6よみがえる名作 アニメも注目 戦艦ポチョムキン/メキシコ万歳/カサブランカ/天井桟敷の人々/近松物語/ここに泉あり/裸の島など13本。

著者略歴:1945年東京都荒川区生まれ。早稲田大学文学部卒業。藤沢市立鵠沼小学校などに小学校教諭として勤務し、途中から家庭科専科となる。様々なゲストを呼んでの公開授業など、ユニークな教育実践で知られる。2007年退職。退職後は「おもしろ学校理事長」を名乗り各地で出前授業をしている。
主な著書に『おもしろ学校の日々』(教育出版)、『おもしろ学校開校記念日 ― 好学心とエントロピー』(有斐閣)、『教室から世界へ飛びたとう ― おもしろ学校の特別授業』(筑摩書房) 、『こどものけんり』(雲母書房)、『子ども百面相』(パロル舎)、『シネマの子どもに誘われて』(現代書館)、『ナトセンおすすめYA映画館』『ナトセンおすすめシニア映画館』(子どもの未来社)など。映画・TVに「おもしろ学校のいち日 名取弘文の公開授業」(制作・監督 西山正啓)がある。

 
価格 : 1,800円+税
数量
 
購入はここから

お気に入り登録

商品についての問い合わせ

  ニックネーム : 評点 :
内容 :
レビューを書く
入力された顧客評価がありません