児童書・絵本 > 手爛泪鵐で憲法九条を読む
教育全般 > 手爛泪鵐で憲法九条を読む

[前の商品] [次の商品] >

手爛泪鵐で憲法九条を読む

手塚治虫の永遠のテーマ「生命の尊さ」が貫かれた珠玉の七編、未来を見つめ続けた手塚治虫の確かな眼差しが今、憲法九条を問い直す。作品解説は全国「九条の会」事務局長の小森陽一氏。

本体価格:1500円+税/244頁/A5判・並製

著者:マンガ・手犲C遏_鮴癲小森陽一

手犲C遏1928年11月3日生まれ。戦争体験から生命の尊さを深く知り医学の道を志すが、漫画家、アニメーション作家を生涯の仕事に選んだ。漫画を魅力的な芸術にし、長編アニメシリーズ「鉄腕アトム」や「ジャングル大帝」などで日本中の子どもをとりこにした。1989年2月9日、60年の生涯を閉じる。
小森陽一:1953年東京都生まれ。東京大学教授、全国「九条の会」事務局長。主な著書に、『ことばの力 平和の力――近代日本文学と日本国憲法』(かもがわ出版)、『記憶せよ、抗議せよ、そして、生き延びよ 小森陽一対談集』(シネ・フロント社)、『あの出来事を憶えておこう 2008年からの憲法クロニクル』(新日本出版社)など。

目次:1章 戦争の本質を描く
 「紙の砦」
 「ザ・クレーター 墜落機」
 「やり残しの家」
2章 九条の下で生きる
 「ベトナムの天使」
 「消え去った音」
 「荒野の七ひき」
 「1985への出発」
各作品解説 小森陽一
解題「手犲C遒寮鐐茲畔刃臓廖〔郛絛
商品コード : 978-4-86412-135-4
価格 : 1,500円+税
数量
 
購入はここから

お気に入り登録

商品についての問い合わせ

  氏名 : 評点 :
内容 :
レビューを書く
入力された顧客評価がありません