環境問題・防災教育 > Longing for My Home Island 英語版:ふるさとにかえりたい
歴史 > Longing for My Home Island 英語版:ふるさとにかえりたい
児童書・絵本 > 絵本 > Longing for My Home Island 英語版:ふるさとにかえりたい

[前の商品] [次の商品] >

Longing for My Home Island 英語版:ふるさとにかえりたい

Longing for My Home Island 英語版:ふるさとにかえりたい

拡大画像
核実験の被害と、美しいさんご礁の島、人々の暮らし、子どもたちの笑顔など、豊富な写真で子どもにもわかりやすく事実を伝えるドキュメタリー絵本。
1954年3月1日マーシャル諸島のビキニ環礁でアメリカによる史上最大の核実験(水爆ブラボー)が行われた。となりのロンゲラップ環礁に住む人々は、実験を知らされず避難もなく死の灰をかぶる。三年後、アメリカ政府により安全宣言が出され、島に帰るが、島は放射能に汚染されたままだった。28年後(1985年)、自力でふるさとの島を脱出。実験から60年経った今もふるさとには帰れない。日本は唯一の被ばく国ではないこと、核実験も原発事故も同じ苦しみを住民にあたえることを知ってほしい。
<英語版>
This is a documentary picture book to tell the children the truth of not only damages by nuclear tests, but also the beautiful islands of coral reef, people’s lives there and smiles of children on islands with plenty of pictures.
On March 1st, 1954, a nuclear test biggest ever in the history (Bravo hydrogen bomb) was carried out in the Bikini atoll of the Marshall Islands by the United States. People who lived in the Rongelap Atoll nearby were radiated by radioactive fallout directly, without any information of the experiment. Three years later, safe declaration was issued by the United States Government. They returned to the island, but the island remained contaminated with radiation. 28 years later (1985), they escaped from the home island by their own efforts. Now 60 years after the experiment they are prevented from coming back to their home island. The readers shall know that Japan is not the only country with suffers of nuclear radiation, but that there are sufferers of radiation by nuclear tests and nuclear power accidents.

定価:1,500円+税/B5版・上製/32頁

Shimada Kousei(Photographs). Hanyuda Yuki(Text). Kodama Katsuya(Translation). Bikini-Fukushima Project(Cooperation)
  

ISBNコード: 978-4-86412-113-2

  

商品についての問い合わせ

  氏名 : 評点 :
内容 :
レビューを書く
入力された顧客評価がありません