歴史 > 戦時下の絵本と教育勅語

[前の商品] [次の商品] >

戦時下の絵本と教育勅語

絵本を開けばリアルの伝わる戦時下の教育
戦時下の絵本の根底に流れる教育勅語の精神を、『ボクラ少国民』の山中 恒が、豊富な絵本資料を見せながら解説する。戦時研究、絵本研究、教育者、子どもにかかわる人たち皆の必読書。
『教育勅語の精神とはこれか! 私が子どもだったころ、学校で一番尊い場所は「奉安殿」だと教えられました。天皇皇后の写真と勅語謄本(教育勅語の写し)が入っているところです。先頃、この教育勅語を園児に暗唱させていた幼稚園が話題になりました。「目上の人を敬い、友だちと仲良くし、礼儀を重んじる」ことを教える教育勅語は今こそ使い道がある、というのです。本当にそうでしょうか。本書では、私の教育勅語体験とその背後にあるものを、戦時下の絵本を通して迫っていきたいと思います。皆さんの目で頭で、本当のところを確かめてください(山中 恒)』

本体価格:1,500円/128頁/A5判・並製

著者:山中 恒

目次:はじめに/1 美談をつくりあげる絵本/2 歴史観をすり込む絵本/3 アジアの子どもは皆仲良し/4 家族と国家/5 闘う子どもの教育/6 日の丸のもとに/7 子どもも働け/8 撃ちてし止まむ/おわりに

著者略歴:1931年北海道小樽市生まれ。児童読み物・ノンフィクション作家。戦時下を描いたノンフィクションに『ボクラ少国民』シリーズ(辺境社)、『少国民の名のもとに』(小学館)、『アジア・太平洋戦争史』(岩波書店)、『戦争ができなかった日本〜総力戦体制の内側』(角川書店)、『少国民戦争文化史』(辺境社)、『戦時児童文学論』『靖国の子』(大月書店)などがある。
商品コード : 978-4-86412-126-2
製造元 : 日本
価格 : 1,500円+税
A5判・並製
数量
 
購入はここから

お気に入り登録

商品についての問い合わせ

  氏名 : 評点 :
内容 :
レビューを書く
入力された顧客評価がありません