寺子屋新書 > オランダ 寛容の国の改革と模索

[前の商品] [次の商品] >

オランダ 寛容の国の改革と模索

「オランダ病」から奇跡的回復を遂げ、「EUの優等生」と呼ばれる国。安楽死や麻薬、売春を合法化するなど各国が驚く政策を打ち出す国。これらの改革は建国以来の「寛容」と「合理主義」の精神に基づいている。この二つの精神が、生活しやすい国をどうつくり、多文化社会をひとつの国家としていかにうまく機能させてきたか、そして、いまそれがどう揺らいでいるのか?。オランダがかかえる問題は、国際情勢の新たな展開によりもたらされたものである。その意味でオランダの改革や模索は、日本を含めた国際社会が抱えている問題を解く試みであるといえるだろう。

本体価格:800円+税/208頁/新書・並製

著者:太田和敬(著) 見原礼子(著)

太田和敬(著):
見原礼子(著):
商品コード : 978-4-901330-72-5
製造元 : 日本
価格 : 800円+税
新書・並製
数量
 

 

お気に入り登録

商品についての問い合わせ

  氏名 : 評点 :
内容 :
レビューを書く
入力された顧客評価がありません