寺子屋新書 > 母親幻想から脱け出す

[前の商品] [次の商品] >

母親幻想から脱け出す

内容家族は本来、〈絆〉というかたちでつながり合っていくべきものだ。しかし、その家族が、〈鎖〉とでも呼ぶべき重い存在になってしまうことがある。幼いころ愛されなかった記憶、過去からの〈家族の鎖〉が母親をしばりつけ、子育てのなかでの自信を失わせる。さまざまな悩みを抱えていた母親たちが集まって、詩を綴るサークルをつくり、傷ついた過去を詩に表現するなかで癒していく──本書は、そんな母親たちが過去を受け入れ、自分と他者とを見つめ直し、自己肯定感を取り戻していく、その記録である。

本体価格:800円+税/192頁/新書、並製

著者:増田修治 著

目次:第1章 「家族の鎖」の重さ
第2章 「心の沈殿物」と向きあう
第3章 「捨てられた悲しみ」からの回復
第4章子どもの自立と親の自立
第5章子どもを愛せないつらさ
第6章 「家族の鎖」を超えて

増田修治 著:
商品コード : 978-4-901330-53-4
製造元 : 日本
価格 : 800円+税
新書、並製
数量
 
購入はここから

お気に入り登録

商品についての問い合わせ

  氏名 : 評点 :
内容 :
レビューを書く
入力された顧客評価がありません