寺子屋新書 > オスとメスと男と女

[前の商品] [次の商品] >

オスとメスと男と女

サル好きの民族といわれる日本人の間では、「サルはマスターベーションを覚えたら死ぬまでやめない」「死んだわが子を抱きつづける母性愛あふれる母ザル」など、「生と性」にまつわるサルの話は、どこかおろかしく「本能」が誇張されている。そんなイメージを払拭し、サルたちの暮らしぶりをじっくり観察してみよう。出産や子育てさえ、学習しなければできないのは、サルも人もヒトと同じ。サルたちの姿から、わが身をふり返ってヒトの「生と性」を考える、サル研究者のユーモアあふれる報告書。

本体価格:800円+税/200頁/新書、並製

著者:和秀雄 著

目次:第1章 検証「ニホンザルの二つの神話」
第2章 オトナへの道
第3章 食欲と性欲
第4章 オスの魅力・メスの魅力

和秀雄 著:
商品コード : 978-4-901330-48-0
製造元 : 日本
価格 : 800円+税
新書、並製
数量
 

 

お気に入り登録

商品についての問い合わせ

  氏名 : 評点 :
内容 :
レビューを書く
入力された顧客評価がありません