寺子屋新書 > ヒーローと正義

[前の商品] [次の商品] >

ヒーローと正義

「正しいことは正しい」と信じることは正しいか? 「正義」がこれほど求められ、問われているにもかかわらず、だれもが答えを出せないでいる(出すことが正義を悪へと転換させかねない)時代。それでも、わたしたちが正義について考え続ける意味とは何か? 特撮番組の名プロデューサーとして、正義とはなにかを問い続け、正義の具現としての〈正義の味方〉ヒーローを創造し続けてきたからこそ書けた、究極の〈正義の見方〉論。

本体価格:820円+税/240頁/新書、並製

著者:白倉伸一郎 著

目次:第1章 「正義のヒーロー」はどこにいる……なぜヒーロー=〈善〉なのか/ヒーローをヒーローたらしめるもの
第2章 怪獣の悪・怪人の悪……怪獣は出現する/〈人間もどき〉という悪
第3章 世界の境界……二元論的に世界を記述する/〈踏まれた痛み〉原則/善と悪は対立概念か
第4章 勧善と懲悪/都市社会の秩序……秘境から都市へ、冒険から安住へ/マナーからルールへ/功利主義社会の善悪観
第5章 「正義はひとつ」か……越境するヒーロー/一元論への移行
第6章 正義とジャスティス……〈現代正義論〉の主張/〈正義〉が問いかけるもの/ヒーローと正義

白倉伸一郎 著:
商品コード : 978-4-901330-42-8
製造元 : 日本
価格 : 820円+税
新書、並製
数量
 
購入はここから

お気に入り登録

商品についての問い合わせ

  氏名 : 評点 :
内容 :
レビューを書く
入力された顧客評価がありません