寺子屋新書 > 教育改革と新自由主義

[前の商品] [次の商品] >

教育改革と新自由主義

「できん者はできんままでけっこう」、ゆとり教育の下敷きとなった答申を出した教育課程審議会元会長の三浦朱門氏のこの言葉通りに進められている教育改革。そのなかで、戦後、守られてきた教育の機会均等が奪われ、「選択の自由」「自己責任」という言葉のもと、子どもたちは家庭の経済状況によって「勉強ができるようになる」ための努力さえ、認められなくなろうとしている。経済を専門とするジャーナリストが、「学力」を切り口に日本の階層化、不平等の現実を鋭く追及し、子どもと教育の未来を守る方法を語る。

本体価格:800円+税/208頁/新書、並製

著者:斎藤貴男 著

目次:第1章 教育改革がめざすもの……ゆとり教育VS学力重視の裏側で/経済界の要求と教育改革の流れ/新自由主義に則った改革とは
第2章 差別の目と管理の網……知らないうちに管理社会の時代に/自己規制に追いこまれる教師たち/子どもの心にまで押し入る管理/露骨化する差別/国がめざす人間像・社会像とは
第3章 機会均等を守る……階級化社会をめざす政財界/スタートラインを同じにすること/学校で身につけるべき学力とは
第4章 子どもの未来のために……公教育に企業の論理が入ってくる/わが子を守るために親は……/信頼感と連帯感を取り戻す/民主主義を守るルポ? 「報国」の暴風が吹き荒れる

斎藤貴男 著:
商品コード : 978-4-901330-41-1
製造元 : 日本
価格 : 800円+税
新書、並製
数量
 

 

お気に入り登録

商品についての問い合わせ

  氏名 : 評点 :
内容 :
レビューを書く
入力された顧客評価がありません