国語教育 > 『川柳のある教室』 〜子と親と 教師をつなぐ 五・七・五

[前の商品] [次の商品] >

『川柳のある教室』 〜子と親と 教師をつなぐ 五・七・五

十七音字という短い言葉でさまざまなことを率直に表現できる川柳。友達、家族、遊び、季節、社会の出来事などを書き表すことで子どもたちの視野をグンと広げることができます。作品にふれることで保護者も教師も子どもへの理解が深まります。さらに、教師は保護者の川柳や感想から子育ての喜びや苦労、知恵を学ぶことができます。子ども、保護者、教師の三者がお互いに川柳を通して交流し、理解し合うことができます。【「あとがき」より】川柳においては、一年間という長いスパンで考えてほしいものです。作品を「書く・読む・語る」を継続して取り組むことで、確実に、その子らしい表現、その子の輝きを発見することができるものです。上手に書こうとか、かっこよく書こうではなく、「ヘタでいい ヘタがいい」と考え、川柳を楽しんでいただけたら幸いです。

本体価格:1800円+税/192頁/A5判・並製

著者:日野 進 著

目次:はじめに
第1章 川柳で三者(子ども・保護者・教師)の心をつなぐ
/第1節「書く・読む・語る」のサイクルを作ろう(基礎編)
/<資料> 川柳「五・七・五」プリント…
/第2節 川柳っておもしろい──こんなこともできる(応用編)
/<資料> こんなときどうするの…
第2章 子ども・保護者・教師で創る教育実践(発展編)
/第1節 保護者と創る「命の授業」 二年生
/第2節 ぼくには「あき」という名前があります 三年生
/第3節 学年行事「二分の一成人式」─子どもと保護者が思いを共有して─ 四年生
第3章 子どもの四季(作品編) おわりに

日野 進:1952年茨城県生まれ。福島大学経済学部卒業、愛知教育大学大学院教育学研究科修了。大学卒業後民間会社勤務、その後、教職に就く。元愛知県日進市立相野山小学校教諭。
商品コード : 978-4-86412-073-9
製造元 : 日本
価格 : 1,944円+税
A5判・並製
数量
 
購入はここから

お気に入り登録

商品についての問い合わせ

  氏名 : 評点 :
内容 :
レビューを書く
入力された顧客評価がありません