教育全般 > 絵本は語る はじまりは図書館から

[前の商品] [次の商品] >

絵本は語る はじまりは図書館から

絵本は語る はじまりは図書館から

拡大画像
子どもの本の中に描かれた魅力にあふれる「図書館」を作品ごとに紹介。長野ヒデ子(絵本作家)推薦!知の宝庫である「図書館」とは、どのようなところなのか。あらゆるの書籍や資料を蓄積するだけでなく、時にはくつろげる場所であり、課題解決のヒントが見つかることもある。また、人生を変える本に出会うこともある。 地域で家庭文庫を主宰しながら、30年以上図書館活動にかかわり続けてきた著者が、図書館の魅力を描いた「絵本」の数々を紹介する。また、市民の要求とそれに応える図書館の実践例、図書館に関する世界の「宣言文」等も掲載。参考として、図書館にまつわる海外&国内の児童文学のリストを付した。

本体価格:1400円+税/頁/A5

著者:草谷桂子 著

目次:はじめに第一章 絵本が語る図書館の力  1.図書館は、くつろぎと交流の場所  2.図書館で課題解決  3.地域のしあわせを育む図書館  4.図書館が人生を変えた!?  5.歴史を蓄積し、未来につなげる図書館  6.司書の魅力  7.生活のなかにある図書館  8.絵本でであったことばの力・本の力  9.図書館が出てくる児童文学のリスト 第二章 市民参加の図書館づくり

草谷桂子:静岡県生まれ、家庭文庫を主宰して33年。日本児童文学者協会、童話創作グループ「かしの木」所属。主な著作に、『白いブラウスの秘密』『青い日のお客さん』(偕成社)、『みどりの朝』(東京経済)、『さびしい時間のとなり』(ポプラ社)、『こどもと大人の絵本の時間』(学陽書房)、『絵本で楽しむ孫育て』(大月書店)、絵本に『プレゼントはたからもの』『おきゃくさんはいませんか?』『ぼくはよわむし?』(大月書店)など。静岡市在住。
  

ISBNコード: 978-4-86412-069-2

  

商品についての問い合わせ

  氏名 : 評点 :
内容 :
レビューを書く
入力された顧客評価がありません