歴史 > 『革命伝説 大逆事件』 そ銃鷂弔隆

[前の商品] [次の商品] >

『革命伝説 大逆事件』 そ銃鷂弔隆

いよいよ完結! 1911(明治44)年1月18日、被告26名中、幸徳秋水以下24名に死刑判決。翌日、12名が特赦で無期懲役に減刑。それからわずか1週間後に絞首台へ。 死刑判決後の幸徳秋水らの精神状況、徳冨蘆花の上奏、処刑の実際、堺利彦の遺族慰問、事件の海外での反響、事件後の社会情勢などを描く!

本体価格:3300円+税/頁/四六判

著者:神崎 清(著)

目次:第1章 天下第一不孝の児
第2章 暗流から激流へ
第3章 死刑判決の日に
第4章 東京監獄の内外
第5章 その日の明治天皇
第6章 啄木の秘稿と詩歌
第7章 絶命午前八時六分
第8章 徳冨蘆花の上奏文
第9章 うずもれた真実
第10章 十二個の棺桶
第12章 いわゆる冬の時代
終章 秋水の墓うごく あとがき

神崎 清:1904年(明治37年)香川県に生まれる。神戸二中、大阪高校を経て1928年東京帝大国文学科卒業、東京帝大新人会会員。戦後、文部省児童文化審議会会長、厚生省中央児童福祉審議会委員、労働省婦人少年問題審議会委員、東京都児童福祉審議会委員、児童憲章制定委員、日本子どもを守る会副会長、第5福竜丸平和協会常任理事などを歴任。1979年逝去。主な著書に「現代婦人伝」(中央公論) 「山谷ドヤ街」(時事通信社)など。
商品コード : 978-4-86412-006-7
製造元 : 日本
価格 : 3,300円+税
四六判
数量
 
購入はここから

お気に入り登録

商品についての問い合わせ

  氏名 : 評点 :
内容 :
レビューを書く
入力された顧客評価がありません